どうして口が臭くなるの?

シェアする

人の口臭が気になったという経験は、ほとんどの人がしているのではないでしょうか?

こわいことに、自分の口臭はなかなか気づきません。

でも、もしかしたら自分は口が臭いのではないかと不安になることもあります。

親しい友人でもなかなか言えない口臭についてお話していきましょう。

1.誰にも口が臭くなる可能性が!

一部、病気が原因のこともありますが、条件がそろえば誰でも口が臭くなります。

口臭の仕組みとしては、口の中の細菌が、歯のあいだや舌に残った食べ物のカス、粘膜細胞のタンパク質を分解してガスを発生させます。

これが臭いとなるのです。

正常な口の中は、唾液でうるおっているため細菌の活動を抑えているのですが、口の中が乾いてくると細菌の活動が活発になります。

唾液がネバつきはじめたら要注意です。

2.自分の口は臭い?

口が臭いかもしれないと悩む前に、いくつかの項目に当てはまるかどうかチェックしてみましょう。

1.虫歯、歯周病だ

2.歯医者には、半年以上行ってない

3.軽いものも含め、よく風邪をひく

4.妊娠中、または更年期などでホルモンのバランスが乱れていると思う

5.アルコール、ニンニクなどが好き

6.かなり喫煙しているほうだ

7.朝起きたときに口が乾く、または口の中がネバついている

8.1日の食事は3食以下である

9.睡眠不足である

解説

1または2にチェックをした人は「お手入れ不足」

口の中のケアを怠ると、口内環境は乱れやすくなり臭いが発生する原因となります。

特に歯周病になると、臭いは強くなります。

また、歯医者に行っていないと、自分では取り切れていない汚れが残っていることがあるのです。

3または4にチェックをした人は「体の不調」

消化器官の不調が舌苔(ぜったい)に影響を与えて白い色となり、臭いを発生させることがあります。

大きな病気だけでなく、風邪や鼻炎といった体の不調が臭いの原因にもつながります。

体の不調からくる臭いは、独特です。

臭いで体の異変に気付く場合もあります。

5または6にチェックをした人は「食べ物」

アルコール臭、ニンニク臭、たばこ臭、薬の服用による薬臭などがあてはまります。

アルコールやニンニクは体の中で消化吸収されると、血液中に移った臭いの成分が肺を通って口臭につながります。

喫煙は、それ自体が口の中の自浄性を低めてしまいます。

タール成分が口の中に残って臭いが発生します。

口の中に食べかすが残っていても口臭となります。

7、8、9のどれかにチェックをした人は「ドライマウス」

一般的に口臭と言われるものです。

口の中が乾燥すると唾液の量が少なくなります。

朝起きたときに口の中が乾いていたりネバネバしていることがあると思います。

寝ている間は口の中の働きも低下するので、唾液の分泌も少なくなっています。

それにより自浄性も低下して細菌が多くなり、下苔が白くなり臭いを発生させます。

そのほか、空腹時、ストレスを感じたときなど、体や口の中の状態が乱れたときに口臭は発生します。

また、加齢によっても臭いは起こります。

3.口臭を防ぐためのケア製品

現在は、口臭を改善するためにさまざまなアイテムがあります。

一例をご紹介すると

界面活性剤を使用しない歯磨き粉

歯磨き粉の泡立ちがよいと、そんなに磨かなくても口の中がすっきりして磨き残してしまう場合もあります。

界面活性剤を使わない歯磨き粉は、口の中が乾きにくく、泡立ちも抑えるため、歯をていねいに磨くことができます。

購入時は、パッケージの成分表を確認してみてください。

界面活性剤としては「ラウリル硫酸ナトリウム」がおもにあげられます。

そのほかにも、湿潤剤(凝固や分離を防ぐ目的)の「ソルビトール」「グリセロール」「プロピレングリコール(PG)」にも注意が必要です。

口の中がしっとりしたような感じになりますが、これも自分の力ではありません。

二酸化塩素に着目した洗口液

二酸化塩素を基本とした洗口液です。

塩素とはまったく異なる物質で、水道水の浄化に使われる安全なものです。

歯医者さんでも口臭治療に使用されているとのこと。

歯磨きの後に、キャップ1杯を口に含んでうがいをします。

香りで口臭をごまかさないというものです。

ガムでドライマウスを防ぐ

口臭に特化した硬めのガムをかんで、口の中を転がします。

舌苔の上で丸めたりすることで汚れをからめとることも。

ガムをかむと、唾液を分泌して乾燥を防ぎます。

次回は、「口臭について気を付けること」をお話していきます。

読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク